基本原則としての持続可能性

H.C. Starck Tungsten Powdersは、原材料の調達やサプライチェーン、生産施設や生産プロセス、そして労働安全衛生に至るまで、ホリスティックなアプローチで持続可能性に取り組んでいます。 冶金技術産業に携わる一企業である当社にとって、リサイクルから得られた二次原料の補完に使用する一次原料がどこからきているのかが、特に重要な点です。 当社は、Tl – CMC(Tungsten lndustries – Conflict Minerals Council)の創設企業です。そして、iTSCi(ITRI Tin Supply Chain Initiative)とRMI(Responsible Minerals Initiative)の加盟企業でもあります。

当社の責任

持続可能性 | H.C. Starck Tungsten Powders

リサイクル

持続可能で安全な原材料を供給するため、当社は生産工程で二次原料の使用に頼っており、 タングステンのリサイクルにおいては世界トップクラスの技術を誇ります。

持続可能性、紛争と関係ない原材料 | H.C. Starck Tungsten Powders

紛争と関係ない原材料

当社は、世界中の厳格な調達ガイドラインに従って行動し、倫理的に見て問題がなく紛争に関わらない採掘資源からの原材料のみを加工しています。 そして当社サプライヤーは、環境保護、労働安全衛生、社会的責任に関する厳しい要件を満たさなければなりません。

当社の貢献

気候保護のための効率化と技術

当社は限られた化石原料を慎重に使用することに責任を負い、エネルギーの効率的な利用が持続可能な気候保護の実現に不可欠であることを理解しています。 そのため、天然資源の消費をできる限り抑えることを目的に、最先端技術を採り入れたプロセスを継続的に改善し、最適化しています。 当社はISO14001(環境マネジメント)と、ISO50001(エネルギーマネジメント)の認証を取得しています。 当社の最新認定証明書は、こちらのダウンロードページでご覧いただけます。

持続可能なマネジメント

H.C. Starck Tungsten Powdersは国際規格に準拠しているマネジメントシステムを導入し、国際的に認められた認証機関に評価を受けています。 このようにして、当社は供給材料の一貫性、確実なプロセスによる高い再現性、加工性、そして純度を確保しており、 製品品質と納入信頼性を約束する生産プロセスを最適に保つため継続的に改善することで、お客様との長期的なパートナーシップの基盤を築いています。 当社の最新認定証明書は、こちらのダウンロードページでご覧いただけます。

社会的責任と経済的責任

H.C. Starck Tungsten Powdersは、化学産業の持続可能な将来の発展に貢献することを目的に、若手教育・職業支援に取り組んでいます。 そして労働安全衛生も当社にとって非常に重要であることから、当社はISO 45001の認証を受けています。 当社の最新認定証明書は、こちらのダウンロードページでご覧いただけます。

経済と環境

H.C. Starck Tungsten PowdersはREWIMET e.V.の加盟企業です。理事も務めています。 REWIMET e.V. (Recycling-Cluster wirtschaftsstrategische Metalle)は、企業、科学研究機関、地方自治体から成るネットワークです。 会員はおよそ 46.000名を雇用しており、年間およそ 950万ユーロの売上を創出しています。 リサイクルを通じて原材料を確保することを主な目的としており、 リサイクル戦略とリサイクルプロセスの開発から産業への導入まで、科学・研究の推進に力を注いでいます。https://www.rewimet.de/

ダウンロード

原材料調達に係る取り組みについて(ドイツ語)

原材料調達に係る取り組みについて(英語)

現代奴隷法に関する宣明(2020)

監査報告書(2018)

OECDガイドラインの5ステップに係る報告書(2020)

RMAP適合書簡紙

有害物質削減公式要約報告書(2019)

ISO 9001認証書(Goslar、英語)

ISO 9001認証書(Sarnia、英語)

ISO 9001認証書(貢州、英語)

ISO 14001認証書(Goslar、英語)

ISO 14001認証書(Sarnia、英語)

ISO 14001認証書(貢州、英語)

ISO 45001認証書(Goslar、英語)

ISO 45001認証書(貢州、英語)

ISO 50001認証書(Goslar、英語)

持続可能性 – ダウンロード

持続可能性に係る認証書については、こちらから直接ダウンロードしていただくか、ダウンロードページをご覧ください。